終末医療を選ぶ人達

終末医療とは、死を見据えて行う医療行為の事です。
例えば重篤な病気にかかっている人の中には、もはや既存の治療方法では完治できない場合があります。そのような病に犯されている人が、終末医療を選択した場合、治療行為を諦める代わりに現在身体を苦しめている苦痛から逃れるための対処を施してもらえるのです。
例えば抗がん剤治療は、病気の回復を促す代わりに患者に重大な副作用を生み出してしまうケースが少なくありません。一方、死を見据えて痛みを緩和するケアを行えば、治癒はしない代わりに抗がん剤によるダメージを受けなくて済むのです。それにより、亡くなる前に自分の身辺を整えたり余生を楽しく過ごす事が出来ます。
また高齢者の人の中には、例え病を完治したとしても老い先が短くないと考える人がおられます。このような患者さんにとって、身体に負担をかける治療方法は無意味であり、逃れられない死を受け入れる終末医療を選択した方が安心して残りの人生を楽しむ事ができるのです。
こうした対処方法を選ぶ事によって、これまでお世話になった人達に感謝の思いを伝え、家族と仲睦まじく暮らし続けられる点が大きなメリットであると言えます。一方、回復へ向けて治療を打ち切る場合、自己判断だけでなく家族と相談した上で決断する事が欠かせません。人間の命は一人だけで支えているものではありませんし、生命に関わる決断は後戻りできませんので重要なポイントです。本当に完治の見込みがないのかを、医師と相談した上で考えるようにしましょう。終末医療の詳細はこちら>>>日本の終末医療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です