終末医療の意味とは

終末医療というのは、重い病気の末期で不治と判断された場合に治療よりも患者の心身のケアを優先させるといった方法です。
この方法のどこがメリットかというと、患者の気持ちに寄り添えるということです。それまでは辛い治療も治る為と我慢させてきましたが、辛い思いをしなくてもいいという開放感もあるし、家族もその方法を理解して楽な気持ちで患者が残りの命の時間を過ごせるように務めていけるものになります。これは、捉え方によっては残酷かもしれません。もう無理だからと言われているようなものなので。だからこそこの方法は、本人の意思が重要視されるものなのです。
患者がもういいと判断しても、支えてきた家族はまだ頑張れるのではないかと思うことでしょう。しかし、患者本人も投げやりな気持ちではないと判断した場合や、医師がそう判断した際にはそのような方法が最善とされているのです。
そのような宣告をする医師は、決して新人ではなく経験を多く積んできている医師なので簡単に言っている訳ではありません。もう治らないと判断された病気の最後を、すこしでも楽な気持ちで迎えられるようにと考えられているものなので、その方法はとてもいい考えだと思います。患者の気持ちをよく考えてくれているものだと思います。その気持ちに甘えてみれば、一度の人生とても素敵な最後が過ごせることでしょう。病院という場所が、決して嫌な場所ではなかったという事を思ってほしいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です